海外のスタバタンブラーは日本で使える!?サイズは合う?

Sponsored Link

海外のスタバタンブラーって個性的なものが多いし、ついつい使いたくなってしまいますよね。

店員さんにも「おっ!」と思ってもらえそうですし、顔や名前を覚えてもらいやすそうです。

ただ、海外のスタバタンブラーってそもそも日本で使えるんですかね?

サイズも日本と海外では違いそうですし・・・。調べてみました。

海外のスタバタンブラーは日本で使えるのか

結果からいうと、問題なく使えますね。

タンブラーの容量は関係ありませんし、スタバのタンブラーである必要もありません。

 

タンブラーを持ち込むことで、20円割引が受けられますし、

これは紙コップなど資源削減への協力という意味での20円割引なので、

タンブラーがどこのメーカーであるとか、サイズが小さい大きいだとかは

全く関係がないことです。

 

ですので、気にすることなく好きなタンブラーを持参すればいいですよ。

ただし、頼みたいサイズよりも大きいものである必要がありますが。

海外のスタバタンブラーのサイズは日本と同じなのか

日本のタンブラーのサイズは、それぞれ

ショート(240ml)、トール(350ml)、グランデ(470ml)、ベンティ(590ml)

となっています。

 

ところが、海外だと

トール(355ml)、グランデ(473ml)、ベンティ(590ml)と若干異なります。

 

そもそも日本のタンブラーは、ベンティが作られることはありません。

また、グランデサイズも一部のタンブラーでしか製造されていません。

基本はトールサイズになります。

 

サイズが違うといっても数mlの話なので、

お店では全く問題なく使えますし、逆に日本のタンブラーを海外で使うことも出来ます。

 

ちなみに海外だと、トレンタというベンティよりも

さらに大きいサイズを注文することも出来ます。

 

トレンタサイズのタンブラーはさすがにないので、

お店が提供する器で飲むことになりますが、日本人が飲める大きさではないでしょう笑

ワインが一本まるまる空いてしまうほどの大きさです。

だいたい成人男性の胃袋と同サイズの容量らしいですね。。。

海外にいったら物珍しさに頼んでしまいそうですが、確実にお腹を壊すのでやめておきましょう笑

では今回は以上になります。ありがとうございました。

Sponsored Link

この記事がよければシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です