スタバのホワイトモカシロップとは?カスタマイズまとめ

Sponsored Link

スタバのホワイトモカシロップとは?カスタマイズまとめ

カプチーノwithホワイトモカシロップ

カプチーノ(370円)

+ホワイトモカシロップを追加(50円)

+チョコレートソースを追加(無料)

=420円

ホワイトモカシロップとチョコレートソースで甘さがぐっと増しますが、くどすぎることのない甘さです。ちょっと贅沢なカプチーノが欲しい時はこのカスタマイズを。

 

キャラメルマキアートwithホワイトモカシロップ

キャラメルマキアート(420円)

+バニラシロップをホワイトモカシロップに変更(無料)

+キャラメルソースをチョコレートソースに変更(無料)

=420円

「マーブルモカマキアート」という名前のカスタマイズです。キャラメルの香りと味は残りつつ、ホワイトモカシロップとチョコレートソースでチョコレート感が強くなります。

 

ココアwithホワイトモカシロップ

ココア(410円)

+モカシロップをホワイトモカシロップに変更(無料)

=410円

「ホワイトホットチョコレート」という名前のカスタマイズです。無料ながらミルキーでクオリティーの高いカスタマイズを楽しめるので、人気メニューとなっています。

 

キャラメルスチーマーwithホワイトモカシロップ

キャラメルスチーマー(400円)

+ホワイトモカシロップ(50円)

=450円

甘さと温かさがホッとする冬のドリンクです。ホットミルクに近いですが、モカの香りもして、非常に贅沢な1杯になっています。

 

アイスティーwithホワイトモカシロップ

アイスティー(ブラック)(330円)

+ホワイトモカシロップを追加(+50円)

=380円

アイスティーにホワイトモカシロップを加えることで、上品なミルクティーの出来上がりです。ティーとモカが全く喧嘩していなくて、非常に飲みやすいドリンクです。

 

抹茶ティーラテwithホワイトモカシロップ

抹茶ティーラテ(430円)

+シロップをホワイトモカシロップに変更(無料)

+オールミルクに変更(無料)

+ホイップクリーム追加(50円)

=480円

このカスタマイズによって、「抹茶ホワイトチョコレート」を作ることが出来ます。

この上に抹茶パウダーを振りかければ、より抹茶感を楽しめますし、チョコレートソースを加えればより濃厚なチョコレート感を味わうことができます。

 

チャイティーラテwithホワイトモカシロップ

チャイティーラテ(420円)

+ホワイトモカシロップを追加(50円)

=470円

チャイの香りとモカの香りが絶妙に混ざったエキゾチックなドリンクです。まろやかなスパイス感ただよう一杯になります。

 

イングリッシュブレックファーストティーラテwithホワイトモカシロップ

イングリッシュブレックファースト(340円)

+クラシックシロップをホワイトモカシロップに変更(無料)

=340円

通常のアイスティーにホワイトモカシロップを入れてもほぼ同じ味に仕上がりますが、茶葉が違うので、味と香りともに若干差が生まれます。お好みでどうぞ。

 

バニラクリームフラペチーノwithホワイトモカシロップ

バニラクリームフラペチーノ(470円)

+バニラシロップをホワイトモカシロップに変更(無料)

=470円

ミルキーな甘さが上品で、濃厚な味わいが楽しめます。シナモンパウダーも非常に合うのでおすすめです。

 

抹茶クリームフラペチーノwithホワイトモカシロップ

抹茶クリームフラペチーノ(470円)

⇒バニラシロップをホワイトモカシロップに変更(無料)

=470円

抹茶は本当に何とでも合います。バニラシロップもいいですが、もう少しチョコを楽しむのも美味しいですよ。ホワイト抹茶チョコレートのドリンクです。名前だけで美味しそうですよね。

Sponsored Link

ダークモカチップフラペチーノwithホワイトモカシロップ

ダークモカチップフラペチーノ(490円)

+ホワイトモカシロップを追加(50円)

=540円

ダークモカもホワイトモカも全部入れてしまおうという贅沢カスタマイズです。チョコレート好きにはたまらないでしょう。

 

マンゴーパッションフラペチーノwithホワイトモカシロップ

マンゴーパッションティーフラペチーノ(450円)

+パッションティーを抜く

+ホワイトモカシロップを追加(50円)

+ホイップクリームを追加(50円)

=550円

このカスタマイズは「ピーチフラペチーノ」と呼ばれています。

桃が入っていないにも関わらず、ピーチの濃厚な味わいが楽しめるという不思議なカスタマイズです。パッションティーを抜いてしまうというのが斬新ですね。

Sponsored Link

この記事がよければシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です